ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 最強囲碁AIアルファ碁解体新書 深層学習、モンテカルロ木探索、強化学習から見たその仕組み

  • 最強囲碁AIアルファ碁解体新書 深層学習、モンテカルロ木探索、強化学習から見たその仕組み

最強囲碁AIアルファ碁解体新書 深層学習、モンテカルロ木探索、強化学習から見たその仕組み

  • 大槻知史/著 三宅陽一郎/監修 大槻 知史
    2001年東京大学工学部計数工学科卒業。2003年同大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻修士課程修了。以降、機械学習・最適化などの研究開発に取り組む。ゲームAIプログラマーとしては、2001年より、囲碁・将棋プログラムの開発に従事。大槻氏の開発した将棋プログラム『大槻将棋』は、2009年世界コンピュータ将棋選手権にて第2位。博士(情報理工学)

    三宅 陽一郎
    デジタルゲームの人工知能の開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院物理学修士課程、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員

  • ページ数
    271p
  • ISBN
    978-4-7981-5256-1
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は科学ジャーナル誌『Nature』で掲載されているアルファ碁に関する難解な学術論文を著者のほうで読み解き、アルファ碁で利用されている深層学習や強化学習、モンテカルロ木探索の仕組みについて、実際の囲碁の画面も参照しながら、わかりやすく解説。本書を読むことで、最新の人工知能に深層学習、強化学習、モンテカルロ木探索がどのように利用されているかを知ることができ、実際の研究開発の参考にすることができます。読者対象は、人工知能関連の開発に携わる開発者、研究者やゲームAI開発者。
目次
Chapter1 アルファ碁の登場
Chapter2 ディープラーニング ~囲碁AIは瞬時にひらめく~
Chapter3 強化学習 ~囲碁AIは経験に学ぶ~
Chapter4 探索 ~囲碁AIはいかにして先読みするか~
Chapter5 アルファ碁の完成
Appendix1 数式について
Appendix2 囲碁プログラム用のUIソフト「GoGui」およびGoGui用プログラム「DeltaGo」の利用方法

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「神の一手」の謎にせまる!

【概要】
2017年5月にアルファ碁(AlphaGo)と柯潔(カ・ケツ)九段の最終決戦が行われ、
アルファ碁の3連勝となりました。アルファ碁は今回の対戦で
さらに進化をとげました。

このようにAIの技術進化は日進月歩で進んでおり、国内でも
企業や研究開発が進んています。中でも目されているのは、
機械学習・深層学習・強化学習です。

本書はネイチャーで提供されているアルファ碁に関する
難解な学術論文を著者のほうで読み解き、アルファ碁で
利用されている深層学習や強化学習、モンテカルロ木探索の
仕組みについて、実際の囲碁の画面も参照しながら、
わかりやすく解説した書籍です。

本書を読むことで、最新のAIに深層学習、強化学習、
モンテカルロ木探索がどのように利用されているかを
知ることができ、実際の研究開発の参考にすることができます。

【読者対象】
・人工知能関連の開発に携わる開発者、研究者
・ゲームAI開発者

【著者】
大槻 知史(おおつき・ともし)
2001年東京大学工学部計数工学科卒業。2003年同大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻修士課程修了。
以降、機械学習・最適化などの研究開発に取り組む。
ゲームAIプログラマーとしては、2001年より、囲碁・将棋プログラムの開発に従事。
著者の開発した将棋プログラム「大槻将棋」は、2009年世界コンピュータ将棋選手権にて第2位。博士(情報理工学)。

【監修者】
三宅 陽一郎(みやけ・よういちろう)
デジタルゲームの人工知能の開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院物理学修士課程、
東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。
ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。
国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。
共著『デジタルゲームの教科書』『デジタルゲームの技術』『絵でわかる人工知能』(SBCr) 、
著書『人工知能のための哲学塾』(BNN新社)、『人工知能の作り方』(技術評論社)、
『ゲーム、人工知能、環世界』(現代思想、青土社、2015/12)、最新の論文は
『デジタルゲームにおける人工知能技術の応用の現在』(人工知能学会誌 2015年、学会Webにて公開)。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 最強囲碁AIアルファ碁解体新書 深層学習、モンテカルロ木探索、強化学習から見たその仕組み
  • 最強囲碁AIアルファ碁解体新書 深層学習、モンテカルロ木探索、強化学習から見たその仕組み

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中