ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 凡々たる非凡 松下幸之助とは何か

  • 凡々たる非凡 松下幸之助とは何か

凡々たる非凡 松下幸之助とは何か

  • 江口克彦/著 江口 克彦
    1940(昭和15)年2月1日、名古屋市生まれ。故・松下幸之助氏の直弟子とも、側近とも言われている。23年間、ほとんど毎日、松下氏と語り合い、直接指導を受けた松下幸之助思想の伝承者であり、継承者。松下氏の言葉を伝えるだけでなく、その心を伝える講演、著作は定評がある。現在も、講演に執筆に精力的に活動している。また、経済学博士、李登輝基金會最高顧問でもある。参議院議院、PHP総合研究所社長、松下電器理事、内閣官房・道州制ビジョン懇談会座長など歴任

  • ページ数
    273p
  • ISBN
    978-4-908110-07-8
  • 発売日
    2017年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 秘書として23年間、松下幸之助から全身全霊の薫陶を受け、全身全霊で師事した筆者が万感の思いを込めて綴る、凡々たる非凡の人・松下の成功の素顔。


    松下幸之助論の決定版が生まれました。 経営の神様として、日本と国民を良くしたいと強く願い、その実現のための活動を続けた思想家として、没後30年近く経ちながら、今なお、多くの人びとから称賛され、尊敬され続けている松下幸之助の秘書として、最期までの23年間、松下自身から全身全霊の薫陶を受け、全身全霊で師事した筆者が万感の思いを込めて綴る、凡々たる非凡の人・松下幸之助の素顔がここに!
目次
起 青のとき―キミ、二年間でええんや、わしのそばで勉強してみる気ぃないか。(小柄な人
些細 ほか)
承 朱のとき―キミ、明日から経営やってくれや。な、いっぺんやってみぃや。(経営担当
完全自立 ほか)
転 白のとき―政経塾では間に合わん。(最終目標
政経塾 ほか)
結 玄のとき―会社が、こんなに大きくなるとは思わんかった。(予測
第一号の学生 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

72歳の松下幸之助と弱冠27歳で秘書になった著者との出会いから、最期の別れまでの23年間という時間に絞り、移りゆく季節のような時間の流れという縦糸と、著者と松下幸之助が交わした言葉、交わしあった心、そして現時点の著者の思いという横糸によって、「凡々たることを積み重ねて非凡となった」松下幸之助の素顔が織り上げられました。 今回、初めて明らかにされた事実も多数織り込まれています。

ページの先頭へ

閉じる

  • 凡々たる非凡 松下幸之助とは何か
  • 凡々たる非凡 松下幸之助とは何か

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中