ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 冷戦の終焉と日本外交 鈴木・中曽根・竹下政権の外政1980~1989年

  • 冷戦の終焉と日本外交 鈴木・中曽根・竹下政権の外政1980~1989年

冷戦の終焉と日本外交 鈴木・中曽根・竹下政権の外政1980~1989年

  • 若月秀和/著 若月 秀和
    北海学園大学法学部教授。1970年生まれ。1988年千葉市立千葉高等学校卒業。1993年同志社大学法学部政治学科卒業、2002年立教大学大学院法学研究科博士課程修了、博士(政治学)を取得。立教大学法学部助手、北海学園大学法学部専任講師、同准教授を経て現職

  • シリーズ名
    叢書21世紀の国際環境と日本 006
  • ページ数
    722p
  • ISBN
    978-4-8051-1113-0
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,000 (税込:7,560

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 経済摩擦、歴史認識問題、そして冷戦の終焉。1980年代日本外交の達成と蹉跌からいま我々は何を学ぶか―。
  • ※発売日が変更になりました
    10月下旬→11月30日
目次
序章 戦後日本外交における一九八〇年代
第I部 「西側の一員」路線への試行錯誤-一九八〇~八二年<鈴木善幸政権期>
第1章 主体的外交への努力とその限界
第2章 新冷戦下の対中ソ外交と対米・対韓関係の調整
第II部 「西側の一員」外交の展開-一九八三~八四年<中曾根康弘政権・前期>
第3章 自由主義陣営諸国との連携強化
第4章 日中・日韓関係の進展とソ連との関係調整
第III部 新冷戦から新デタントへの移行と中曽根外交-一九八五~八七年<中曾根康弘政権・後期>
第5章 三つの課題を求めて―日米摩擦・対ソ関係・戦後政治の総決算
第6章 中曽根外交のかげり―短すぎた続投期間
第IV部 冷戦の終焉と新たな日本外交の模索-一九八八~八九年<竹下登政権期>
第7章 内政指向型政治家による外交
第8章 冷戦終結過程の国際環境と流動化する日本政治
終章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

▼全方位外交を標榜した福田・大平の時代は去り、鈴木善幸政権の後を継いだ中曽根は外交政策を転換し、日本を「西側の一員」と位置づける。
 ソ連を仮想敵としてレーガン、全斗煥、胡耀邦らと個人的親交を深め、国際社会に確固たる地位を築いていく。
▼圧倒的経済力を背景に自由主義陣営を牽引し、国際貢献に乗り出す日本外交だったがその思惑は冷戦構造の崩壊と、
 後継を担った竹下政権がリクルート事件で早期退陣することで失速していく。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 冷戦の終焉と日本外交 鈴木・中曽根・竹下政権の外政1980~1989年
  • 冷戦の終焉と日本外交 鈴木・中曽根・竹下政権の外政1980~1989年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中