ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 座敷童子の代理人 5

  • 座敷童子の代理人 5

座敷童子の代理人 5

  • 仁科裕貴/〔著〕 仁科 裕貴
    広島県出身。元警察官という異色の経歴を武器に、精緻を極めた文体と温かい人物描写を得意とする

  • シリーズ名
    メディアワークス文庫 に3-7
  • ページ数
    315p
  • ISBN
    978-4-04-893236-3
  • 発売日
    2017年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

630 (税込:680

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 迷家荘が大ピンチ!自慢の温泉が出なくなってしまったのだ。
    さらに司貴は、座敷童子や妖怪たちの姿が見えなくなってしまい!?
    どうやらこれには迷家荘の前身「マヨイガ」と遠野の問題が関係しているようで……。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

年の瀬迫る頃、迷家荘が大ピンチに!自慢の温泉が出なくなってしまったのだ。原因を探る司貴だが、相談相手の座敷童子や河童たちの姿が見えなくなってしまい…!?時同じくして司貴の夢に現れたハクタクと名乗る奇妙な存在。彼女の言葉から、この問題には迷家荘の前身「マヨイガ」が関係することを知るが、意外な妖怪たちも現れ、次第に事件は遠野全体を巻き込む大問題へと発展していく。妖怪との絆、九尾の謎、試練、そして恋愛―数々の問題に司貴はどう応えるのか!?

ページの先頭へ

閉じる

  • 座敷童子の代理人 5
  • 座敷童子の代理人 5

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中