ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • 巻の書名
    地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
  • ページ数
    144p
  • ISBN
    978-4-416-61701-4
  • 発売日
    2017年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 実は台湾は「甘味の宝庫」。地元っ子たちに愛され続けるさまざまな甘味を、ライブ感たっぷりの写真と解説でお届けします!
目次
地元っ子激オシ 食べてみて!ここの、これ!
冷たいもの
温かいもの
素朴系おやつ
昔ながらの面々
食後にどうぞ
ベーカリーはおいしいの隠れ家

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

台湾はグルメの宝庫! 
小籠包、魯肉飯、カキオムレツ―美味なるものが目白押し。
しかし! 実は台湾は「甘味の宝庫」でもあるんです。

滑らかさと優しい甘さが人気の豆腐系スイーツ「豆花」、
今や戦国時代、おいしい&かわいいであふれる「パイナップルケーキ」など
定番の“甘いもの”はもちろんのこと、

見た目ファンシー、用途は激渋な「發?」、
永遠の名脇役「四果湯」、
モッチモチ!? フワフワ!? 空前絶後の口当たり!「涼?」、
水飴・イン・クラッカー「麦芽餅」などなど

日本人の間ではあまり知名度はないものの、
地元っ子たちが昔から愛する甘味がまだまだ存在しているのです。

中には正直「これ、食べるの……?」という
ビックリ味なものもありますが、
美容効果が高かったり、健康にいいと思われていたりしていて
そうした背景を知ると、なんだか味わい深く感じてしまいます。

大好きなお菓子を毎日買いに来るおじいちゃんや、仕事帰りにカウンターで甘味をチャージするお姉さん、
背中を丸めて大きなかき氷を黙々と食べるおじちゃんに
おやつ時に名物サンドイッチを爆買いするおばちゃん―台湾の人々を見ていると、甘いものの愛され具合がビンビンと伝わってきます。

そんな、現地の人たちの“日常的な甘味”を
ライブ感たっぷりの写真と解説でお届けします!

おまけに、地元っ子激アツ推薦!「この店のこれ食べて!」や
バラマキ土産コレクションと簡単ラッピングアイデア、
豆花のトッピング解説なども。

さあ、まだ見ぬ“台湾 甘味の旅”へ歡迎光臨!(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中