ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • Xamarinプログラミング入門

  • Xamarinプログラミング入門

予約商品

Xamarinプログラミング入門

  • ISBN
    978-4-8222-5350-9
  • 予約発売日
    2017年10月上旬

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • C#でiOS とAndroidの両方のネイティブアプリ開発を可能にするXamarinの概説書
  • ※発売日が変更になりました
    9月1日→10月上旬
目次
はじめに
第1章 クロスプラットフォーム開発をC#で
第2章 Xamarinとは
第3章 開発環境を整える
第4章 サンプルアプリの概要
第5章 画面を作成する
第6章 共通ロジックを作成する
第7章 個別ロジックを作成する
第8章 ローカルファイルにアクセスする
第9章 App Serviceを使う
第10章 まとめ
付録A Android Thingsの利用
付録B Xamarin.FormsでUWPアプリを作る
索引

商品詳細情報

フォーマット 単行本
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

Xamarinは、アプリを開発する言語をC#に統一して、iOSアプリとAndroidアプリを同時に開発することを可能にします。Visual Studioに、iOSアプリ開発用のXamarin.iOS 、Androidアプリ開発用のXamarin.Android、さらにそれぞれのUIを同時に作成できるXamarin.Formsを導入することで、よりシームレスに開発できる環境が整えられます。共通化するロジック部分は、本書で扱うようにXamarin.FormsのPortable Class Libraryを使う方法もあれば、C#のコードのまま共有するという方法もあります。コードが全く同じであれば、複数のプラットフォームであってもテストは1回で済み、機能を拡張するときも共通化してある部分に手を入れればそれぞれのプラットフォームで同時に機能拡張を行えます。
 本書は2014年6月に発行した書籍『C#によるiOS、Android、Windowsアプリケーション開発入門』を基に、内容をVisual Studio 2017での開発環境用に刷新したものです。前書発行時点ではXamarin.Formsを紹介できなかったのですが、本書ではXamarin.iOS、Xamarin.Androidと比較しながらモバイルアプリの開発方法を解説する構成にしています。Xamarin.FormsではWindowsのUWP(Universal Windows Platform)の開発もできるのですが、実装上の観点から、iOS、Androidと共通の仕様のサンプルを作成して解説することはしていません。簡潔に付録でUWPについての説明をしてあります。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • Xamarinプログラミング入門
  • Xamarinプログラミング入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中