ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法
  • 失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法

  • 失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法
  • 失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法

失敗してもいいんだよ 子ども文化と少年司法

  • 竹原幸太/著 竹原 幸太
    1980年生まれ。宮城県仙台市出身。現在、東北公益文科大学教授。博士(文学)。日本子どもを守る会『子ども白書』編集委員(司法)。教育学の観点から青少年問題・子ども文化を研究

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-7807-1625-2
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
1章 少年事件に見る思春期の発達困難(「残虐さ」の裏にある育ちの「未熟さ」
「自分づくり」のもがきと歪み
少年非行の増加・凶悪化は本当か?―統計データに見る「非行の実態」)
2章 子どもの育ちを支える少年司法の仕組みと専門職の仕事(少年法今昔物語―少年法の歩み
子どもの「悪さ」をどのように見るか?―非行・いじめ問題対応に追われる学校
家裁調査官に学ぶ非行克服の視点
少年院・児童自立支援施設の「育て直し」―「矯正教育」と「共生教育」
地域社会での経過観察を担う保護観察所)
3章 当事者による非行克服過程の発信とその課題(「非行」と向き合う親たちの会と「新しいコミュニテイ」
少年院出院者によるピアサポート活動―セカンドチャンスが社会へ投げかけるもの
元少年A著『絶歌』をどう見るか?―当事者の少年事件の公開をめぐって)
4章 少年司法の行方と展望(国連子どもの権利条約と少年法「改正」問題
国際的に注目される修復的司法―被害者と加害者との対話
学校の「修復的実践」を通じて修復的司法を理解する)
終章 「悪さ」・「つまずき」・「失敗」を「育ちの栄養素」に変える「子ども文化」と「甦育」の視点(多様な視点から解明される子どもの「悪さ」
「悪さ」対策の「健全育成」ではなく「野性味あふれる子ども文化」の復権へ
「つまずき」や「失敗」を「育ちの栄養素」に変える営みとなる「甦育」)
寄稿 失敗する権利・やり直す権利・立ち直る権利―「子どもと司法」と“健全育成”

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中