ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 森林業 ドイツの森と日本林業

  • 森林業 ドイツの森と日本林業

森林業 ドイツの森と日本林業

  • 村尾行一/著 村尾 行一
    1934年、大連市に生まれる。東京大学農学部卒業、同大学院農学系研究科博士課程修了、農学博士、ミュンヘン大学経済学部留学。国有林・林業経営研究所研究員、京都大学農学部助手、東京大学農学部助手、ミュンヘン大学林学部客員講師、愛媛大学農学部教授を経て、愛媛大学客員教授

  • ページ数
    327p
  • ISBN
    978-4-8067-1537-5
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,700 (税込:2,916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 半世紀以上にわたり、森林生態学、森林運営、国有林経営を研究し、ドイツでも教鞭をとった著者による日本林業回生論。ロマン主義思想とともに発展し、今や一大産業へと成長し、世界をリードするドイツ森林運営の思想と、木材生産の実践、ドイツ最高の頭脳が集まる人材育成・林学教育を解説。それを踏まえて、21世紀の日本社会にふさわしい、生産・流通の徹底的な情報化、乾燥管理、天然更新から焼畑林業までを提言する。
目次
日本林業とドイツ林業
第1部 ドイツ林業の個性(ロマン主義の申し子
「ガイアー革命」 ほか)
第2部 ドイツ林業前史(かつて森は魔界だった
絶対主義の財政基盤 ほか)
第3部 ドイツ人にとって森とは何か(森と都市
都市林こそが森林業の精華 ほか)
第4部 最高の頭脳が集まる森林業の人材育成(医師は一時に一人を救い、森林官は同時に万人を救う
林業従事者の職種と職務 ほか)
第5部 日本林業再興への処方箋(過去の栄華が現在の禍根
“外材時代”への誤った対応 ほか)
「社会的市場経済」と森林業

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 森林業 ドイツの森と日本林業
  • 森林業 ドイツの森と日本林業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中