ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • Y:ザラストマン 3

  • Y:ザラストマン 3

Y:ザラストマン 3

  • ブライアン・K・ヴォーン/作 ピア・ゲラ/画 〔江原健/訳〕 ヴォーン,ブライアン・K.(Vaughan,Brian K.)
    原作を手がけた『Y:ザラストマン』および『エクス・マキナ』が批評家から絶賛され、アイズナー賞を受賞。アメリカ・ロサンゼルス在住

    ゲラ,ピア(Guerra,Pia)
    共同制作者兼ペンシラーを務めた『Y:ザラストマン』でシャスター賞およびアイズナー賞を受賞。カナダ・バンクーバー在住

    スズカ,ゴラン(Sudzuka,Goran)
    クロアチア・ザグレブ市生まれ。現在もザグレブを拠点に活動中。ジェイミー・デラノと共同制作した『アウトロー・ネーション』で、2001年にラス・マニング賞の最優秀新人賞を受賞

    マルサン,Jr.,ホセ(Marz´an,Jr.,Jos´e)
    アメリカ・ニューヨーク市生まれ。コミック業界での20年のキャリアの中で、『スーパーマン』、『フラッシュ』、『ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』など、数多くの作品の制作に携わってきた。アメリカ・フロリダ州在住

    江原 健
    東京外国語大学大学院修了。翻訳会社にて翻訳コーディネーターとして勤務した後、2014年よりフリーランス。産業翻訳のほか、グラフィックノベルや映画メイキング本の翻訳も多数手がけている

  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-416-61747-2
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2002年、世界が永久にその姿を変えてしまった。Y染色体を持つ全ての大人・子供・哺乳類が、突如として息絶えたのだ。地球の全人口の半数以上が失われ、社会の歯車は止まった。事態を収拾できるのは、残された女性たちだけ。彼女たちは、文明の崩壊を防ぐべく立ち上がった。しかし、この“男の大量死”は、男の全滅には至らなかった。ヨリック・ブラウンと彼の飼い猿の“アンパサンド”は、どういうわけか死を免れたのだった。ごく普通の20代の青年は、一瞬にして地球上で最重要人物となった。男のみを死に至らしめた謎の伝染病の正体を突き止める鍵は、彼が握っていると思われた。ヨリックには、はるか1万キロの彼方にいる最愛の恋人ベスとの再会を果たすために、どんな困難をも乗り越える覚悟がある。しかし、ベスに会うには広大な大海原を渡らなければならない。再会の希望の光がしぼんでいく中で、ヨリックに四方八方から新たな脅威が襲いかかる…

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル コミック原画集
サイズ 26cm
原題 原タイトル:Y:THE LAST MAN
対象年齢 一般

商品のおすすめ

地球規模の伝染病により、唯一とり残されてしまった地球最後の男、
ヨリック・ブラウンの旅を描いた傑作グラフィックノベルの邦訳版第3巻。

ある日突然、地球上からY染色体を持つすべての哺乳類が、地球規模の伝染病により瞬く間に死滅してしまった。
ただひとり残されたヨリック・ブラウンは、離れ離れになってしまった恋人を探し求めて、
ペットの猿アンパサンド、政府工作員「355」、遺伝学者のマン博士と共に旅を始める。
なぜ彼は「地球最後の男」となってしまったのか…

ついにヨリックたち3人は、マン博士のバックアップラボに到着する。
そこにはセトーケット・リングの追っ手が迫っていた。ヘレネのお守りを巡って
セトーケット・リングと355が争いを繰り広げるなか、
マン博士は、ヨリックとアンパサンドという1人と1匹のオス(Y)だけが生き残ったその理由を突き止めようとしていた。
はたして博士が導き出した答えとは?
そして何者かによって連れ去られるアンパサンド――3人は彼を取り戻すべく、後を追うのだった。
誘拐犯は一体どこへ向かったのか…

近年、トップクラスの人気を獲得したコミックブックシリーズのひとつで、
アメリカコミック界で最も権威のある「アイズナー賞」の3部門を受賞。
世界的ベストセラー作家スティーヴン・キングをはじめ批評家からも絶賛された傑作中の傑作。

巻末には、原作者ブライアン・K・ヴォーンによる本書収録の「第36話(Boy Loses Girl)」脚本全文の邦訳を掲載。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • Y:ザラストマン 3
  • Y:ザラストマン 3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中