ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 陶芸銅・マンガン・クロムを使った装飾技法 金属顔料で新しい色彩表現に挑む

  • 陶芸銅・マンガン・クロムを使った装飾技法 金属顔料で新しい色彩表現に挑む

陶芸銅・マンガン・クロムを使った装飾技法 金属顔料で新しい色彩表現に挑む

  • 小山耕一/著 小山 耕一
    1960年東京都生まれ。1983年玉川大学文学部芸術学科陶芸コース卒業。日本陶芸倶楽部を経て、1990年東京都台東区竜泉に築窯。現在、日本工芸会正会員、日本陶芸美術協会会員、東京竜泉窯陶芸教室主宰

  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-416-51704-8
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 陶芸の新しい装飾の可能性を秘めた金属顔料、銅・マンガン・クロムを使って、オリジナル作品を生み出すヒントの数々を紹介します。
目次
第1部 図録(銅・マンガン・クロムで得られる豊かな色彩)
第2部 資料集(装飾“Decoration”
釉薬“Glaze”
テストピース一覧“Test piece”)
第3部 実例集(発色と発泡を確かめるテストピース
象嵌で発色させるたたらづくりの皿
練込模様を見せるたたらづくりのマグカップ
シリコンカーバイトで還元効果を得た花器
マンガンの化粧土を流したマーブル模様のプレート
クロムと銅の化粧土で描く渦巻き模様の丸皿
化粧土の矢羽根模様を活かした石膏型の皿
銅の化粧とマンガン釉でブロンズに発色させた皿
飛びカンナで銅を象嵌しマンガン釉を掛けた鉢
ブロンズ釉の二度焼きで線模様を装飾した丸壷)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

陶芸において発色の調整は、鉄やコバルト、銅、マンガン、クロムなどを主成分とする金属顔料によって行われる。
なかでも、近代になって入手しやすくなった銅・マンガン・クロムは、新しい装飾の可能性を秘めた素材と言える。

これらの金属がもたらすピンクや緑、青、紫色などの発色は、伝統的な作品にはなかったとても魅力的なものだが、
陶芸の歴史上まだまだ新しい素材であるため、これまで書籍でレシピや表現方法などが紹介されることはなかった。

本書では、象嵌や練上げ、化粧土装飾、掻き落とし、下絵付け、釉上彩などの技法と組み合わせて、
筆者オリジナルの技法で、本書のためにつくった参考作品とともに詳しく解説する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 陶芸銅・マンガン・クロムを使った装飾技法 金属顔料で新しい色彩表現に挑む
  • 陶芸銅・マンガン・クロムを使った装飾技法 金属顔料で新しい色彩表現に挑む

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中