ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • チップチューンのすべて All About Chiptune

  • チップチューンのすべて All About Chiptune

予約商品

チップチューンのすべて All About Chiptune

  • ISBN
    978-4-416-61621-5
  • 予約発売日
    2017年05月08日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ゲーム機の内蔵音源チップから誕生した音楽ジャンル「チップチューン」。その歴史と現状を綴る、待望の書籍。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

「ファミコンやゲームボーイの音楽。あるいは、それら風の音楽」
 
誰にでも分かるように「チップチューンとは何か」を説明するとしたら、
まずはこんな表現になるだろう。
あの安っぽくて懐かしい1980~90年代初頭のゲーム音楽から、
テイストをそのまま持ってきた、あるいは主要素としてとり入れた音楽のことである。
そういった音楽が、現在ではゲームのBGMという枠を超え、
より幅広い表現の場で作られ、聴かれるようになっている。
レトロゲーム機(風)の音楽なのに、ゲーム音楽ではない──
という不思議なものを形容するための言葉。それが「チップチューン」なのである。
(本文より)

アーケードゲームやファミコン、ゲームボーイなど、
現在ではレトロゲームと呼ばれるゲーム機の内蔵音源チップから誕生した音楽ジャンル
「チップチューン(Chiptune)」。
本書は、その誕生にはじまり、黎明期の状況、国内外の現役のアーティストたちの活動など、
自身もチップアーティストとして活躍する著者が、
膨大な資料と関係者への取材をもとに綴る初の書籍。
長年にわたり総括されることのなかったチップチューンを
ゲーム音楽史の観点から再評価するとともに、
広くは日本のビデオゲームカルチャーの変遷を振り返る。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • チップチューンのすべて All About Chiptune
  • チップチューンのすべて All About Chiptune

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中