ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 時がつくる建築 リノべーションの西洋建築史

  • 時がつくる建築 リノべーションの西洋建築史

時がつくる建築 リノべーションの西洋建築史

  • 加藤耕一/著 加藤 耕一
    1973年東京生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授。2001年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。東京理科大学理工学部助手、パリ第4大学客員研究員(日本学術振興会海外特別研究員)、近畿大学工学部講師を経て2011年より現職

  • ページ数
    339,25p
  • ISBN
    978-4-13-061135-0
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 建物を創造的に再利用する、豊かな建築文化とは。長い歴史における数々の既存建物の再利用の事例を読み解きながら、スクラップ&ビルドの新築主義を脱却し、縮小時代の建築とのつきあいかたを示す。
目次
1章 建築時間論の試み(既存建物に対する三つの態度
点の建築史から線の建築史へ ほか)
2章 再利用的建築観―社会変動と建築のサバイバル(古代末期の社会変動
スポリア ほか)
3章 再開発的建築観―価値のヒエラルキーと建築の形式化(野蛮の誕生
再開発的建築観と再利用的建築実践 ほか)
4章 文化財的建築観―文化財はなぜ時間を巻き戻したのか?(野蛮の復権
ヴィオレ=ル=デュクと「修復」のはじまり ほか)
5章 二〇世紀の建築時間論(モダニズムからリノベーション時代へ
時間変化する建築の模索(一九五六年) ほか)

商品詳細情報

サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 時がつくる建築 リノべーションの西洋建築史
  • 時がつくる建築 リノべーションの西洋建築史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中