ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 池田大作と日本人の宗教心

  • 池田大作と日本人の宗教心

池田大作と日本人の宗教心

  • 山本七平/著 山本 七平
    1921年、東京都に生まれる。1942年、青山学院高等商業学部を卒業。野砲少尉としてマニラで戦い、捕虜となる。戦後、山本書店を創設し、聖書学関係の出版に携わる。1970年、イザヤ・ベンダサン名で出版した『日本人とユダヤ人』が300万部のベストセラーに。以後、「日本人論」で社会に大きな影響を与えてきた。その日本文化と社会を分析する独自の論考は「山本学」と称される。評論家。山本書店店主。1991年、逝去

  • ページ数
    225p
  • ISBN
    978-4-86581-101-8
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 山本七平の最後の創価学会論!池田大作と創価学会問題の核心を衝く!そして、日本人の宗教とは何かを根源から問う!初の単行本化!
目次
第1章 池田大作氏への公開質問状(田中角栄と池田大作の共通点
創価学会の二重性格
池田会長は本仏なのか
日本人は宗教オンチ?
スーパースター池田大作)
第2章 創価学会症候群の本質をつく(戦後社会症候群
破綻のない論理
司法への信頼の危機
「私の言葉は憲法」発言
「善」のセールスマン)
第3章 神様スターは宗教ジャーナリスト(対立と和解
「神様スター」の存在
「宗教ジャーナリスト」と「宗教家」の間
「うさんくささ」を生む二重人格)
第4章 日本人と宗教のかかわり(日本人の宗教性
「自然な行き方」を尊ぶ
聖職者に何を期待するか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

池田大作の凄さと創価学会の根源的問題に迫る!

戦後史最大の「怪物」として記憶されるであろう池田大作を、山本七平は「異様な能力をもった人」と評する。そして、その怪物ぶりを田中角栄とおもしろい共通点があると言及する。「角影」と「作影」の影力とは?また、異様な能力とは、政治宗教団体としての段違いの信徒数、集金力、短期間における膨張力などなどを発揮する手腕。

本書は「池田大作氏への公開質問状」というかたちで、池田大作と、宗教(日蓮正宗)と信徒集団(創価学会)の根源的対立の構造を論じる。1981年に「週刊朝日」に連載された池田大作自身の発言も収録。さらには、「日本人に宗教は必要か」という大局的なテーマも語る。

初の単行本化!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 池田大作と日本人の宗教心
  • 池田大作と日本人の宗教心

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中