ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の自動車レース史 多摩川スピードウェイを中心として 大正4年〈1915年〉-昭和25年〈1950年〉

  • 日本の自動車レース史 多摩川スピードウェイを中心として 大正4年〈1915年〉-昭和25年〈1950年〉

日本の自動車レース史 多摩川スピードウェイを中心として 大正4年〈1915年〉-昭和25年〈1950年〉

  • 杉浦孝彦/著 杉浦 孝彦
    自動車史研究家。1951年愛知県一宮市生まれ。1974年武蔵野美術大学産業デザイン科を卒業、同年トヨタ自動車工業株式会社に入社。デザイン部に所属し、クラウンなどFR車系のインテリアデザインを中心に担当。2001年よりトヨタ博物館の学芸グループに勤務し数々の企画展に携わる。2012年には、同館の館長に就任し2016年退職。自動車の歴史分野に造詣が深く、多くの研究論文を発表している。日本自動車殿堂(JAHFA)会員

  • ページ数
    151p
  • ISBN
    978-4-89522-667-7
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 多摩川スピードウェイ開設80周年記念。アジア地域で最初の常設サーキットは、日本で造られた。本書は、日本における草創期の自動車レースについて、当時の写真や新聞記事を主な史料として、大正11年(1922年)の洲崎でのレースの時代から、わかりやすく時系列にまとめたものである。これらのレースは、本田宗一郎や太田祐雄など、日本の自動車界に様々な功績を残した先駆者たちの闘いの舞台でもあった。
目次
日本での自動車競走のはじまり 黎明期
日本自動車競走大会(その1)萌芽期
日本自動車競走大会(その2)本格始動
多摩川スピードウェイ
戦後のレース
発掘された写真
多摩川スピードウェイの想い出(寄稿)
今に生き残ったレーサーたち
年表 日本の自動車レース史・戦前編
レース・リザルト(戦績表)
多摩川スピードウェイの跡地
日本自動車競走倶楽部会則・競技規則他

商品詳細情報

サイズ 27cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の自動車レース史 多摩川スピードウェイを中心として 大正4年〈1915年〉-昭和25年〈1950年〉
  • 日本の自動車レース史 多摩川スピードウェイを中心として 大正4年〈1915年〉-昭和25年〈1950年〉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中