ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ストウブで無水調理: 食材の水分を使う新しい調理法 旨みが凝縮した野菜・肉・魚介のおかず

  • ストウブで無水調理: 食材の水分を使う新しい調理法 旨みが凝縮した野菜・肉・魚介のおかず

ポイント倍率

ストウブで無水調理: 食材の水分を使う新しい調理法 旨みが凝縮した野菜・肉・魚介のおかず

  • 大橋由香/著 大橋 由香:料理研究家、「厚木野菜たっぷりのカフェ はるひごはん」店主、 株式会社はるひ代表取締役。企業とのレシピ開発、雑誌やWEBでのレシピ紹介、 フードコーディネート、イベント講師等で活動。月数回料理教室を開催。 http://haruhigohan.com/

  • ページ数
    110p
  • ISBN
    978-4-416-51738-3
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 食材の旨みが凝縮する!野菜から出る水分だけで、煮込む、蒸す、炒める調理を実現。ストウブで作る水を加えない「無水調理」のレシピ
  • ※予約発売日が変更になりました
    4月7日→4月11日

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

無水調理は、専門の調理器具を使わないと作れないイメージがありますが、
ストウブでも作ることができます。

ストウブの蓋はとても重く、食材が持っている水分と香りを鍋の中に閉じ込めます。
加熱することで、この水分が食材の旨みを含んだ水蒸気に変わり、鍋の中をまんべんなく回ります。
そしてフラットな蓋の裏についているピコと呼ばれる突起をつたい、
スープの水滴となって雨のように食材に降り注ぐのです。
野菜などの食材に含まれる水分をしっかり出すことで、
水を入れなくても調理ができるのはストウブならでは。

水分を落ち着かせるため加熱のあとの放置時間(余熱調理)をとるため、
でき上がりまで少し時間がかかりますが、
加熱時間さえ守れば放置しておけるのでその間にもう一品、
もう一仕事など時間を有効活用することができます。

よぶんな水を入れないので煮崩れが少なく、旨みが凝縮した食材の味を楽しむことができ、
さらにスープが降り注ぐのでパサつかず料理がふっくら仕上がります。
またオリーブ油と塩を基本に最小限の調味料で作るのも特長。
野菜の甘みを生かすので、おやつとスモーク以外で砂糖は使いません。

コンロの上にストウブの定位置ができるほど、毎日ガシガシ使ってもらえるように、
野菜のおかずからメインディッシュの肉料理、揚げ物、おやつまで幅広く収録しました。
無水で作るカレーも載っています。

ストウブ鍋をすでに持っている人、これから購入する人までみんなが使える、
毎日しっかり使えるレシピがたくさん載っています。ぜひ試してください。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ストウブで無水調理: 食材の水分を使う新しい調理法 旨みが凝縮した野菜・肉・魚介のおかず
  • ストウブで無水調理: 食材の水分を使う新しい調理法 旨みが凝縮した野菜・肉・魚介のおかず

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中