ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語

  • あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語

あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語

  • 大平一枝/著 大平 一枝
    作家、エッセイスト。長野県生まれ。大量生産、大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに各誌紙に執筆。著書多数。朝日新聞デジタル&w『東京の台所』連載中

  • ページ数
    237p
  • ISBN
    978-4-416-51659-1
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ものづくりや暮らしに関わる様々な著名人の「宝物」を通し、豊かな生き方やものごとの捉え方のヒントをさぐるエッセイ集。
目次
心の在り方、保ち方(田村セツコ―NYから取り寄せたバレリーナのポスター
松岡享子―六十九年前に手づくりした人形の家
吉沢久子―自由に料理を楽しむフランスの古い器
久野麗子―夫から初めて贈られた山葡萄のかご
江上栄子―義母から贈られた外国製の下着
カナヤミユキ―亡き母の思い出の紙粘土の花、ルドンの画集
宮城宣子―学生時代に夫に贈った手製エプロン
岡崎武志―自分で上書きし続けている『全国古本屋地図』)
旅の途中で見えてきたもの(ひがしちか―仕事の喜びを教えてくれたシアタープロダクツのコート
山内彩子―初めて美術品として買い求めた有元利夫のエッチング
春風亭一之輔―初めてもらった給金袋)
創造を持続する(柚木沙弥郎―世界を旅して集めたフォークアート
鋤田正義―母に買ってもらった二眼レフカメラ
松田行正―独立して三十五年使い続ける事務所のテーブル
蛭子能収―同僚から餞別にもらった腕時計
田窪恭治―釣りざおから手づくりした絵筆)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

暮らしの提案やものづくり等に携わる人生の先輩方を中心に、
“長く使い続ける大切なもの”を通した「物語」として記し、それぞれの生き方やものの考え方を切り取るエッセイ。

日々のちょっとした出来事や感覚を記したメモ帳、大切な人からの贈り物、人生の転機に手に入れた愛用の品…
それぞれにさまざまなドラマがあります。

豊かさとはなにか。
人生の“これから”を考える人に向け、生き方のちょっとしたヒントが詰まった一冊です。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語
  • あの人の宝物 人生の起点となった大切なもの。16の物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中