ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 二〇ミリシーベルト 福島第一原発事故被ばくの深層

  • 二〇ミリシーベルト 福島第一原発事故被ばくの深層

二〇ミリシーベルト 福島第一原発事故被ばくの深層

  • 空本誠喜/著 空本 誠喜
    1964年3月11日、広島生まれ。元衆議院議員。工学博士。チェルノブイリ事故を機に原子力の道へ。東京大学大学院で原子力工学を専攻。応用物理学会の放射線賞を受賞。東芝で原子力プラントの設計開発に携わる。原発事故対応で閣僚からの要請により「影の助言チーム」を立ち上げ、官邸他に助言活動を行う。注目されたSPEEDIにも精通。内閣官房参与に就任していた小佐古敏荘教授と「20ミリシーベルト基準」の見直しを訴え、一石を投じる。現在、「フクシマの再生」に向けて活動中

  • ページ数
    231p
  • ISBN
    978-4-8460-1607-4
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • チェルノブイリやヒロシマと、フクシマはどこが違うのか?SPEEDIは、なぜ活かされなかったのか?フクシマの未来創造のために。放射線防護の第一人者小佐古敏荘教授(元内閣官房参与)の国際標準の考え方と判断、決断に迫る。
目次
序章 「無用な被ばく」から「帰望の灯」へ
第1章 握りつぶされた放射能拡散予測―SPEEDIは、スピーディーだったのに
第2章 先送りされた避難区域―屋内退避から、計画的避難へ、そして長期帰還困難区域へ
第3章 二〇ミリシーベルトの矛盾
第4章 子どもたちの未来のために
第5章 フクシマ再生への提言

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 二〇ミリシーベルト 福島第一原発事故被ばくの深層
  • 二〇ミリシーベルト 福島第一原発事故被ばくの深層

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中