ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 湯屋の怪異とカラクリ奇譚 2

  • 湯屋の怪異とカラクリ奇譚 2

ポイント倍率

湯屋の怪異とカラクリ奇譚 2

  • 会川いち/〔著〕 会川 いち
    第21回電撃小説大賞応募をきっかけに『湯屋の怪異とカラクリ奇譚』シリーズを上梓した新人

  • シリーズ名
    メディアワークス文庫 あ15-2
  • ページ数
    228p
  • ISBN
    978-4-04-892890-8
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

590 (税込:637

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 妖怪が営むその湯屋では、今日も湯加減のいい風呂とたくさんの不思議が待っている。
    そこにふらりと現れた老カラクリ技師の半月堂。
    とぼけた風情だが腕は確か、そしてなにやら謎めいた目的があるようで――?
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

いつも気持ちのいい湯とたくさんの不思議にあふれている、東の都の妖怪が営む湯屋。その湯屋の奉公人、佐吉はカラクリ技師になるべく、長らく引きこもりだった伽藍堂に弟子入りをしていた。そんなある時ふらりと現れた老カラクリ技師の半月堂。佐吉の長屋に居候することになったその老人はとぼけた風情だが腕は確か、そして謎めいた目的を持っていて、さらには伽藍堂や湯屋の主、白闇とも繋がりがあるようで―?人と妖怪が織りなすおかしくてあたたかで不思議な物語。

ページの先頭へ

閉じる

  • 湯屋の怪異とカラクリ奇譚 2
  • 湯屋の怪異とカラクリ奇譚 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中