ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ある日、爆弾がおちてきて

  • ある日、爆弾がおちてきて

ポイント倍率

ある日、爆弾がおちてきて

  • 古橋秀之/〔著〕 古橋 秀之
    1971年生まれ。神奈川県出身。96年『ブラックロッド』(電撃文庫)でデビュー

  • シリーズ名
    メディアワークス文庫 ふ1-2
  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-04-892886-1
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

630 (税込:680

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「私、爆弾なんです」--ある日、空から落ちてきたのは、高校時代に気になっていた人とそっくりな女の子で……。
    奇才・古橋秀之が贈る、すこしふしぎなボーイ・ミーツ・ガール。
    書き下ろし短編を加えてリバイバル!
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
版数 新装版

商品のおすすめ

「私、爆弾なんです」ある日、空から降ってきたのは、高校時代に気になっていたクラスの女の子とそっくりな自称“新型爆弾”で…。映像化もされた表題作をはじめ、「記憶が退行する風邪に罹った幼なじみ」「蘇った死者」「図書館に棲む小さな神様」などなど、“すこしフシギな女の子”と“フツーの男の子”のボーイ・ミーツ・ガール短編集。奇才・古橋秀之がおくる不朽の名作が、書き下ろし短編を加え、10年以上の時を超えて復刊!

ページの先頭へ

閉じる

  • ある日、爆弾がおちてきて
  • ある日、爆弾がおちてきて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中