ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 技術者のためのマーケティング 顧客価値の構想と戦略

  • 技術者のためのマーケティング 顧客価値の構想と戦略

技術者のためのマーケティング 顧客価値の構想と戦略

  • 谷地弘安/著 谷地 弘安
    横浜国立大学大学院教授。1991年、学習院大学卒業。1997年、神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。1997年、横浜国立大学専任講師。1998年、同助教授。2000年、ニューヨーク市立大学大学院客員。2002年、一橋大学大学院客員。2012年~、現職

  • ISBN
    978-4-8051-1105-5
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 多くの企業が、優れた技術を収益につなげられずに苦慮している。その打開策の1つが、技術者のマーケティング思考の向上である。
目次
イントロダクション なぜ技術者にマーケティングか?
第1章 技術者とマーケティング
第2章 顧客視点になるための「コト発想」
第3章 「コト発想」の展開
第4章 顧客価値を「探す」
第5章 顧客価値を定める―「コンセプト」づくり
第6章 価値を「守る」
第7章 ライバルからマネされない
第8章 価値を探し、定め、そして守る

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

▼技術者(=企業で研究・開発を担当するエンジニア)が優れた技術・製品を開発しようとも、事業・営業セクションを説得できなければ、技術は商品化されず「死の谷」に落ちてしまう。
▼あるいは技術による差別化は、すぐに追随するライバルを生み出し、熾烈な価格競争によって、収益どころか多大な損失を被る例すらある。
▼では、技術者はどのようにして開発する商品に顧客価値を創出し、収益に貢献できるのか。「MOV」というフレームワークから解説する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 技術者のためのマーケティング 顧客価値の構想と戦略
  • 技術者のためのマーケティング 顧客価値の構想と戦略

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中