ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プライバシーなんていらない!?

  • プライバシーなんていらない!?

プライバシーなんていらない!?

  • ページ数
    243,25p
  • ISBN
    978-4-326-45110-4
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「やましいことがないのであれば、安全のために、あなたのプライバシーを制約するのは問題ないのでは?」この問いを基点として、プライバシーの価値、安全との関係、憲法上の権利としてのプライバシーの性格、新しい技術との関係・対応について、豊富な具体例を通して詳細に論じる。


    「やましいことがないのであれば、安全のために、あなたのプライバシーを開示するのは問題ないのでは?」。
    この問いを基点として、プライバシーの価値、安全との関係、憲法上の権利としてのプライバシーの性格、新しい技術との関係・対応について、豊富な具体例を通して詳細に論じる。
    危機に瀕するプライバシーを救うために。
    (「近刊情報」より)
目次
1 価値―我々はいかにプライバシーと安全の価値を評価し衡量すべきか(やましいことは何もない論
全か無かの誤謬
敬譲の危険
プライバシーが単なる個人的権利ではない理由)
2 有事―法はいかに国家安全保障の問題を扱うべきか(振り子論
国家安全保障論
犯罪・諜報の区分を消滅させることの問題
戦争権限論と法の支配)
3 憲法上の権利―憲法はいかにプライバシーを保護すべきか(修正四条と秘匿パラダイム
第三者提供の法理とデジタル事件記録
プライバシーの合理的期待を探究することの失敗
嫌疑なき捜索論
違法収集証拠排除法則を維持すべきか
刑事手続法としての修正一条)
4 新技術―法はいかに変化していく技術に対応すべきか(愛国者法を廃止すればプライバシーは回復するか
法と技術の問題と、議会に任せろ論
ビデオ監視と公共空間におけるプライバシー否定論
政府はデータ・マイニングに従事すべきか
ラッダイト論、タイタニック現象、そして問題解決戦略)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:NOTHING TO HIDE
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • プライバシーなんていらない!?
  • プライバシーなんていらない!?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中