ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 呪われた明治維新 歴史認識「長州嫌い」の150年

  • 呪われた明治維新 歴史認識「長州嫌い」の150年

呪われた明治維新 歴史認識「長州嫌い」の150年

  • 星亮一/著 星 亮一
    1935年、宮城県仙台市に生まれる。一関第一高校、東北大学文学部卒業後、福島民報社記者となる。福島中央テレビ役員待遇報道制作局長を経て独立、歴史作家の道を歩む。日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程前期修了。『奥羽越列藩同盟』(中公新書)で福島民報出版文化賞、『後藤新平伝』(平凡社)で日本交通医学会表彰、会津藩の研究でNHK東北ふるさと賞受賞、『国境の島・対馬のいま』(現代書館)で日本国際情報学会功労賞受賞

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-86581-097-4
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 長州は一体、会津の地でどんな蛮行を働いたのか!なぜ会津は長州を許せないのか!過去を水に流したい長州、過去を消さない会津―すれ違う歴史認識の真実!
目次
1 会津に残る薩長の略奪暴行の記録
2 会津人・宮崎十三八の魂の叫び
3 会津は怖い
4 吉田松陰と高杉晋作の実像
5 京都守護職という罰ゲーム
6 長州人は会津で何をしたか
7 戊辰戦争の真実
8 会津人の長州批判
9 明治維新群像

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

会津の長州への恨みは150年では消えない!

来年(2018年)は明治維新150年目の節目の年。明治維新の契機となった戊辰戦争において、幕府・会津軍は薩長軍に敗れたが、薩長軍、特に長州軍が会津の地で婦女暴行・金品強奪など非道のかぎりを尽したことはあまり知られていない。そして、会津の長州に対する恨みは150年経つ今でも消えていない。

過去を水に流したい長州、過去を消さない会津。会津人の証言を基に、同地で何が行われたかを明らかにしていくとともに、日・中・韓問題にも重なる、「歴史認識」というものの難しさと本質に迫る一書。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 呪われた明治維新 歴史認識「長州嫌い」の150年
  • 呪われた明治維新 歴史認識「長州嫌い」の150年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中