ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 飛鳥京物語 〔3〕

  • 飛鳥京物語 〔3〕

飛鳥京物語 〔3〕

  • 巻の書名
    律令国家への道
  • ページ数
    389p
  • ISBN
    978-4-89522-657-8
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内乱に勝利した大海人大王は新しい国づくりを始めた。それから律令国家になるまで三十年かかっている。そのあいだにも女帝が誕生、新益京(藤原京)に遷都した。その後、若い大王が誕生し、時代は大きく動いた。女帝の時代が続いたのはなぜか。新益京はなぜ見捨てられたか。唐の律令を参考にしながら成立したわが国の律令制度の特徴は?藤原不比等はどのようにして頂点まで登り詰めたのか。そして『日本書紀』はどのようにして誕生したのか。
目次
第5部 大海人大王の時代(飛鳥での新しいまつりごと
『大王は神にしませば』
「卑母拝礼禁止令」と後継者問題
さまざまな政治改革の始まり
大海人大王の病と死と)
第6部 律令国家への道(讚良姫大王の即位
新益京への遷都
律令国家の成立
呵瑠天皇と藤原不比等
女帝の時代と平城京への遷都)

商品詳細情報

サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 飛鳥京物語 〔3〕
  • 飛鳥京物語 〔3〕

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中