ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 主体の論理・概念の倫理 二〇世紀フランスのエピステモロジーとスピノザ主義

  • 主体の論理・概念の倫理 二〇世紀フランスのエピステモロジーとスピノザ主義

主体の論理・概念の倫理 二〇世紀フランスのエピステモロジーとスピノザ主義

  • 上野修/編 米虫正巳/編 近藤和敬/編 上野 修
    1951年生まれ。大阪大学大学院文学研究科教授

    米虫 正巳
    1967年生まれ。関西学院大学文学部教授

    近藤 和敬
    1979年生まれ。鹿児島大学学術研究院法文教育学域法文学系准教授

  • ページ数
    476p
  • ISBN
    978-4-7531-0338-6
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,600 (税込:4,968

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アルチュセールの「スピノザ集団」、ラカン、バディウが関与した『分析手帖』、ブランシュヴィックからカヴァイエス、ヴュイユマンへとつながる「概念の哲学」の系譜。その底流には常に17世紀の哲学者スピノザの姿があった―。
目次
第1部 “概念”(カヴァイエス、エピステモロジー、スピノザ
一つの哲学的生成―ブランシュヴィックからカヴァイエスへ ほか)
第2部 “主体”(エピステモロジーと精神分析―ラカン、ドゥサンティ、スピノザ
構造と主体の問い―『分析手帖』という「出来事」 ほか)
第3部 “生”(生命のエピステモロジーとスピノザ主義
概念の哲学から生命の哲学へ―カンギレムによるスピノザ主義の展開 ほか)
第4部 “現在”(現代英語圏におけるスピノザ読解―分析形而上学を背景にした、スピノザの必然性概念をめぐる側面的考察)

商品詳細情報

サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 主体の論理・概念の倫理 二〇世紀フランスのエピステモロジーとスピノザ主義
  • 主体の論理・概念の倫理 二〇世紀フランスのエピステモロジーとスピノザ主義

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中