ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 十代に共感する奴はみんな嘘つき
  • 十代に共感する奴はみんな嘘つき

  • 十代に共感する奴はみんな嘘つき
  • 十代に共感する奴はみんな嘘つき

十代に共感する奴はみんな嘘つき

  • 最果タヒ/著 最果 タヒ
    1986年、神戸市生まれ。詩人、小説家。2006年、現代詩手帖賞を受賞。2007年、詩集『グッドモーニング』刊行。同作で中原中也賞を受賞。2014年、第三詩集『死んでしまう系のぼくらに』刊行。同作で現代詩花椿賞を受賞。2016年に詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(リトルモア)を発表

  • ページ数
    124p
  • ISBN
    978-4-16-390623-2
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 感情はサブカル。現象はエンタメ。つまり、愛はサブカルで、セックスはエンタメ。私は生きているけれど、女子高生であることのほうが意味があって、自殺したどっかの同い年がニュースで流れて、ちょっと羨ましい…。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

主人公のカズハは17歳。いじめや自殺のあふれる日常で、恋をしてセックスして喧嘩をしてごはんを食べる。みずみずしい文体の小説!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中