ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代アート10講

  • 現代アート10講

現代アート10講

  • ページ数
    227p
  • ISBN
    978-4-86463-057-3
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • デュシャンにはじまり3.11以降の日本の美術まで、10のアプローチによる現代アートの新たな読み解き。
目次
1 美術作品とそうでないもの―デュシャン、ポップ・アート、クーンズ
2 メディウムの探求―ミニマリズムとポストミニマリズム
3 抽象表現主義と絵画、あるいは絵画以上のもの―ポロック、ニューマン、ロスコ
4 コンセプトが前景化するとき―コスースから始める
5 美術における身体表象とジェンダー―眼差しの権力とフェミニズム・アート
6 アート&テクノロジーの様相―メディア・アート、マクルーハン、パイク
7 現代アートと写真―アプロプリエーションの時代からティルマンスまで
8 現代建築を語るために―モダニズムと5つの建築をめぐって
9 現代工芸とデザインの地平―クレイワークとうつわ
10 ポスト3.11の美術―美術と社会はどう関わるべきか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

商品のおすすめ

武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史 田中正之先生のコメント
絵画や彫刻に限らず工芸やデザイン、建築まで含めて、現代アートをいくつかの切り口から分析して論じています。たとえば、美術作品とそうでないものの境界はどう考えればいいのか、あるいは東日本大震災以後、アートはどう変わったのか、など。今の時代のアートの状況と作品のあり方を理解していくための踏み台となる一冊。

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代アート10講
  • 現代アート10講

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中