ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦国「境界大名」16家 なぜ、あの家は近世大名として生き残れたのか

  • 戦国「境界大名」16家 なぜ、あの家は近世大名として生き残れたのか

戦国「境界大名」16家 なぜ、あの家は近世大名として生き残れたのか

  • 榎本秋/著 榎本 秋
    東京都生まれ。WEBプランニング、ゲーム企画、書店員を経て、現在は著述業

  • シリーズ名
    歴史新書
  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-8003-1137-5
  • 発売日
    2017年01月

900 (税込:972

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「真田氏」も「井伊氏」も、大勢力に挟まれた一地方の小領主だった―。戦い続けるのか?渡り歩くのか?強国の狭間で生き抜く処世術に学ぶ!
目次
1 御家断絶から再興を成し遂げる(井伊氏 遠江国―数多の危機を乗り越えた末の異例の出世
亀井氏 出雲国―主家再興を目指した宿敵・毛利氏との死闘
諏訪氏 信濃国―甲斐の虎・信玄に翻弄された元名門武家)
2 周辺勢力と戦い続けて生き残る(真田氏 信濃国―次々と主君を変えながら勢力を拡大
相馬氏 陸奥国―奥州第一の実力者・伊達氏との多年に渡る抗争
相良氏 肥後国―群雄割拠の九州において島津氏に立ち向かう)
3 大大名の間を渡り歩いて成り上がる(水野氏 三河国―織田・松平・今川の狭間で動乱を生き抜く
奥平氏 三河国―幾度もの主君変えのなか訪れた運命的活躍の場
有馬氏 肥前国―肥前国支配を目指し勢いづく龍造寺氏との戦い)
4 悲願の旧領奪還を勝ち取る(遠山氏 美濃国―宗家滅亡後も続いた旧領奪還に向けた一族の戦い
伊東氏 日向国―北の大友、南の島津との間で起きた絶頂と転落
小笠原氏 信濃国―信長・秀吉・家康の元で領国への復帰を目指す)
5 独自の役割を盾に生き残る(宗氏 対馬国―朝鮮半島との境界で秀吉・家康相手に立ち回る
松浦氏 肥前国―海外との窓口の地で独立勢力として駆け抜ける
柳生氏 大和国―激動の大和国にあって一芸によって活路を見出す)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦国「境界大名」16家 なぜ、あの家は近世大名として生き残れたのか
  • 戦国「境界大名」16家 なぜ、あの家は近世大名として生き残れたのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中