ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 英国唯美主義と日本

  • 英国唯美主義と日本

英国唯美主義と日本

  • 伊藤勳/著 伊藤 勳
    昭和24年岐阜県生まれ。愛知大学大学院文学研究科・経済学部教授。日本文藝家協会・日本現代詩人会各会員。詩誌『未開』同人。日本ペイター協会前会長・理事。平成17年~18年、ケンブリッヂ大学英語学部及びダーウィン・コリッヂ客員研究員

  • ページ数
    347p
  • ISBN
    978-4-8460-1575-6
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,800 (税込:6,264

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 十九世紀後半における英国唯美主義を支えた日本趣味の実態はどのようなものだったのか。ロセッティ、スウィンバーン、ペイター、ワイルド、ホイッスラーらの藝術について、さらに英国唯美主義の素地としてのギリシアのエピクーロス的世界、西脇順三郎を初めとする日本の詩人達とワイルド受容、ロセッティやペイターの系譜に連なる唯美主義者としてのハーンなど、両国の藝術の関わりを悠遠な視座から読み解く比較藝術論。図版多数。
目次
第1章 英国唯美主義と日本の影
第2章 英国唯美主義の濫觴
第3章 ギリシア・エピクーロス的世界と日本―英国唯美主義の素地
第4章 日本の詩人達とワイルド受容
第5章 ワイルドと西脇順三郎―肉声の恢復者達
第6章 ラフカディオ・ハーン―ロセッティ、ペイターとの類縁

商品詳細情報

サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 英国唯美主義と日本
  • 英国唯美主義と日本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中