ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 肉食の恐竜・古生物図鑑 食物連鎖の頂点に君臨する大むかしの生物たち

  • 肉食の恐竜・古生物図鑑 食物連鎖の頂点に君臨する大むかしの生物たち

肉食の恐竜・古生物図鑑 食物連鎖の頂点に君臨する大むかしの生物たち

  • 土屋健/著 土屋 健
    オフィスジオパレオント代表。サイエンスライター。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の記者編集者、サブデスク(部長代理)を経て2012年に独立し、現職。フリーランスとして、日本地質学会の一般向け広報誌『ジオルジュ』のデスク兼ライターを務めるほか、雑誌などの寄稿も多い

  • シリーズ名
    子供の科学★サイエンスブックス
  • ページ数
    79p
  • ISBN
    978-4-416-51705-5
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 太古の生物の中から食物連鎖の頂点にいた肉食種を各時代毎にCGイラストで紹介。迫力ある古生物同士の捕食シーン再現も見どころ。
目次
第1章 古生代(カンブリア紀―生物は海からはじまった
オルドビス紀―三葉虫類が大繁栄
シルル紀―ウミサソリ類の時代
デボン紀―魚たちの時代、到来!
石炭紀―大森林ができる
ペルム紀(前半)―古生代の最後は“寒さ”からはじまった
ペルム紀(後半)―獣弓類が大繁栄した)
第2章 中生代(三畳紀(陸)―爬虫類が大繁栄。小型の恐竜も登場
三畳紀(海)―超海洋パンサラサを泳ぐ海棲爬虫類の世界
ジュラ紀(陸)―さまざまな恐竜が大繁栄する時代
ジュラ紀(海)―アンモナイトやクビナガリュウが泳いでいた
白亜紀(陸)―ティラノサウルスが活躍するも隕石落下で絶滅
白亜紀(海)―新しい覇者、モササウルス類が登場)
第3章 新生代(古第三紀―森が草原になる一方海で暮らす哺乳類がでてきた
新第三紀―“今の地球”ができはじめ、哺乳類が繁栄しはじめる
第四紀―そして、地球は冷えこんだ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24cm
対象年齢 小学56年生 中学生
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

各時代の最強古生物を100種集めた肉食の恐竜・古生物図鑑
ティラノサウルスが植物食恐竜を食べているなど、
迫力満点な捕食シーンのCGイラストも必見
強いものを並べてみることで、生命の歴史もよくわかる!

化石でしかわからない太古の生物たちにも、いまの生物界と同様「食う」「食われる」の関係がありました。

本書は「食う」側のなかでも、食物連鎖の頂点に君臨した最強の恐竜・古生物の姿とその生き様を徹底的に紹介します。
ほかの古生物図鑑ではないマニアックな切り口と、「食う・食われる」の関係がよくわかる迫力ある捕食シーンの再現CGイラストが見どころです。
どれも最新の研究結果に基づいて描いています。「食う」側にいた肉食古生物たちを時代毎に知ることで、生命の歴史も見えてきます。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 肉食の恐竜・古生物図鑑 食物連鎖の頂点に君臨する大むかしの生物たち
  • 肉食の恐竜・古生物図鑑 食物連鎖の頂点に君臨する大むかしの生物たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中