ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダットサン/ニッサンフェアレディ 日本初のスポーツカーの系譜1931~1970

  • ダットサン/ニッサンフェアレディ 日本初のスポーツカーの系譜1931~1970

ダットサン/ニッサンフェアレディ 日本初のスポーツカーの系譜1931~1970

  • 当摩節夫/著 当摩 節夫
    1937年、東京に生まれる。1956年に富士精密工業入社、開発実験業務にかかわる。1967年、合併した日産自動車の実験部に移籍、1972年に日産自動車、海外サービス部に移り、海外代理店のマネージメント指導、KD車両のチューニングなどにかかわる。1986年~1997年の間、カルソニック(現カルソニック・カンセイ)の海外事業部に移籍、豪亜地域の海外拠点展開にかかわる。1986年~1989年の間シンガポール駐在。現在はRJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)および、米国SAH(The Society of Automotive Historians,Inc.)のメンバー

  • ページ数
    137p
  • ISBN
    978-4-89522-665-3
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フェアレデイのルーツとなる、ダットサンスポーツDC‐3型は、日本がまだ戦後の混乱期にあった1952年(昭和27年)に誕生した。それ以降、日産自動車ではスポーツカーを作り続け、1962年にフェアレディSP310型を発売した。これをきっかけに、SP/SR311型で本格的に米国市場へ参入し、日産自動車が海外進出する一翼を担った。本書では、フェアレディの足跡について、DC‐3型のルーツとなる戦前のダットサンまで遡り、多くの図版を用いて詳細に解説する。
目次
ダットサン・スポーツカーの歴史(戦前のダットサン
初期のダットサン・スポーツカー
SP/SR型フェアレディ)
カタログでたどるダットサンフェアレディ(戦前のダットサン
ダットサンスポーツDC‐3型(1952年1月発売)
ダットサンスポーツカーS211型(1959年6月発売)
ダットサンフェアレディSPL212型(1960年1月発売)
ダットサンフェアレディSPL213型(1960年10月発売)
ダットサンフェアレディ1500 SP310型(1962年10月発売)
ニッサンシルビアCSP311型(1965年4月発売)
ダットサンフェアレディ1600SP311型(1965年5月発売)
ダットサンフェアレディ2000SR311型(1967年3月発売)
フェアレディ2000/1600の広告
オーナーズマニュアル
米国日産で制作された広告用版下)

商品詳細情報

サイズ 27cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ダットサン/ニッサンフェアレディ 日本初のスポーツカーの系譜1931~1970
  • ダットサン/ニッサンフェアレディ 日本初のスポーツカーの系譜1931~1970

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中