ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グリム童話と森 ドイツ環境意識を育んだ「森は私たちのもの」の伝統

  • グリム童話と森 ドイツ環境意識を育んだ「森は私たちのもの」の伝統

グリム童話と森 ドイツ環境意識を育んだ「森は私たちのもの」の伝統

  • 森涼子/著 森 涼子
    お茶の水女子大学博士課程・ゲッティンゲン大学博士課程修了、Dr.Phil.専門はドイツ文化史・キリスト教史。日本大学非常勤講師

  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-8067-1529-0
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ドイツ人が森を愛するようになったのは、いつからなのか。暗黒の森から恵みの森へ、領主と農民の森をめぐる争い、世界をリードする森林科学の伝統、ゲーテやシューベルトなど多くの文学・音楽を生んだ森での思索、酸性雨による「森の死」から環境運動まで、森をめぐる人びとの1000年におよぶ営みと歴史を追う。
目次
森と環境意識
第1部 森への想い(ナチスが目指した“永遠なる森”
“終わりのない森”への憧れ
ロマン派
童話の森
中世の宮廷・英雄物語における森
ロマン派の“森”発見の背景)
第2部 森は私たちのもの(森の生活
童話と違う民話の森
神の賜物から領主の所有物へ
“実り”から“資源”へ
“違反”しているのは誰か
森をめぐるトラブル
グリム童話時代の森)
現代環境運動と“森への愛”

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • グリム童話と森 ドイツ環境意識を育んだ「森は私たちのもの」の伝統
  • グリム童話と森 ドイツ環境意識を育んだ「森は私たちのもの」の伝統

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中