ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ばあばは、だいじょうぶ

  • ばあばは、だいじょうぶ

ばあばは、だいじょうぶ

  • 楠章子/作 いしいつとむ/絵 楠 章子
    大阪府に生まれる。第45回毎日児童小説・中学生向きにて優秀賞受賞。2005年、『神さまの住む町』(岩崎書店)でデビュー

    いしい つとむ
    千葉県に生まれる。挿絵の仕事でも活躍している

  • シリーズ名
    絵本・ちいさななかまたち
  • ページ数
    35p
  • ISBN
    978-4-494-00597-0
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ばあばは、いつもいってくれる。「つばさはだいじょうぶだよ」って。そんなばあばが、「わすれてしまう」びょうきになって…

商品詳細情報

サイズ 21×23cm
対象年齢 幼児
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

途中のばあば(主人公のおばあちゃん)のメモのページを見た途端も~っ、涙がどどど~っで本が読めなくなりました作者の方は認知症の方の介護を実際経験している方ですね・・・うちの義母もこのメモと同じようなことを手帳や、広告紙の裏にたくさん書いていました言葉でも「ありがとう」を忘れない方でしたコノ絵本、主人公ぼくの気持ちはとても素直ですきれいごとではすませられないことがいっぱいですものそれ以上に本当のおばあちゃんではなくなっていくようで嫌な気持ちになるのだと思うのですおとうさんとおかあさんがやさしくってホッとします隣のおじさんも、始めは怖いな・・・って思うけど変化してくれるところもいいですおばあちゃんの絵の表情の変化がまた、本当に上手で感心してしまいますわかっているのにまたページをめくると涙が止まりません「だいじょうぶ」という言葉のありがたさお互いの心に通うにはおばあちゃんとぼく、家族との大事な関係性の下地があったんですよね一緒に生活しているからこそ大変なこともありますが介護は人生の締めくくりを見せられ人のあり方を勉強させてくださるのだと私は思いますいろいろ認知症や介護についての学習の場も広がっていますこの絵本は、とても素敵なメッセージを含んでいると思います「子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの」お薦めです(しいら☆さん 50代・宮城県 )

ページの先頭へ

閉じる

  • ばあばは、だいじょうぶ
  • ばあばは、だいじょうぶ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中