ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • さよならハヰドランジア 下

  • さよならハヰドランジア 下

さよならハヰドランジア 下

  • シリーズ名
    BIG COMICSヒバナ
  • ページ数
    250p
  • ISBN
    978-4-09-189225-6
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

694 (税込:750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 因縁に縛られた二人に、光は差すのか……。 

    昭和六年、東京。帝都大學に通う司葉公太(しばこうた)は楽しいことが大好 
    き。学校の記念式典を乗っ取り、即席で集めた仲間達とショーを強行する。その 
    計画を否定し公太と真っ向から対立していた大學首席の日下真一郎(くさかしん いちろう)をも本番では舞台上に引きずり出し、見世物は大団円を迎えた。喝采をあびて公太は大満足、一方まんまと嵌められ不本意な日下。しかし、タイプの異なる二人はこれを機に交流を深めていく。季節は巡り、やがて二人が互いの夢を語る仲にまでなった頃、ある病魔が日下を襲い、二人の関係はさらに変化していく。 

    【編集担当からのおすすめ情報】 
    上巻では公太が日下を仲間に引き入れようとあの手この手で仕掛けて行き、日下は困惑&大迷惑…という公太強しな展開でしたが、本巻ではあることをきっかけにその力関係が逆転します。二人のある因縁が明らかになり、華奢な美青年・日下が「ある感情」の権化となって、妖しく艶っぽく公太に迫るシーンは作中屈指の見応えのある画面です。
    とにかくカバーイラストに何か感じるものがあったならば、ぜひご一読を。恨みや呪いといった怖い感情の中に美のにじみを感じるような、暗い炎を心に燃やしている方に手に取っていただきたい、作者本領発揮の完結巻です。もちろん、基本は公太と日下の凸凹したやりとりでお届けしておりますので、レトロな空気感をまとった男子の友情がお好みという方にも楽しんでいただけると思います。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ビッグC
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • さよならハヰドランジア 下
  • さよならハヰドランジア 下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中