ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

  • 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

  • 大塚敦子/著 大塚 敦子
    1960年生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。パレスチナ民衆蜂起、湾岸戦争などの国際紛争の取材を経て、死と向き合う人びとの生き方、自然や動物との絆を活かして、罪を犯した人や紛争後の社会を再生する試みなどについて執筆。『さよならエルマおばあさん』(小学館)で、2001年講談社出版文化賞絵本賞、小学館児童出版文化賞受賞

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-04-103508-5
  • 発売日
    2016年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「わたしの病院、犬が来るの」それは、子どもたちへのすばらしい贈り物だった。日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関、聖路加国際病院。入院中であっても子どもたちが豊かな時間を過ごし、困難を乗り越えていけるように、医師や看護師、保育士、心理士、チャプレン(病院で働く牧師)等多くのスタッフたちで行われる取り組みを、4人の子どもたちの生死を通して描いた感動の記録。
目次
第1章 子どもたちの生きる力を引き出す
第2章 出会い
第3章 闘いの日々
第4章 別れ
第5章 最後まで豊かな時間を
第6章 病を生きるということ
第7章 それぞれのその後

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

聖路加国際病院は、日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関です。
本書は、著者がそこに2007年からおよそ3年半にわたり取材した中で、
著者が出会った4人の忘れがたい子どもたちの生を描いた感動のノンフィクションです。
四人のうち二人は生還できましたが、二人は幼くして世を去りました。
亡くなった子どもたちは、短い人生の最後の日々をどう生きたのか。
また、退院した子どもたちは、小児病棟での日々から自分の人生に、どのような影響を受け今を生きているのか。
子どもの生を豊かにし、心の成長を促す大切なものは何か。
子どもが過ごす「子どもの時間」の意味を、四人の物語から受け止めてください。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと
  • 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中