ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 折原臨也と、喝采を

  • 折原臨也と、喝采を

折原臨也と、喝采を

夏文庫キャンペーン対象商品(2017年7月1日~)

  • シリーズ名
    電撃文庫 3176
  • ページ数
    295p
  • ISBN
    978-4-04-892407-8
  • 発売日
    2016年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

610 (税込:659

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 男の名は折原臨也。
    車椅子を駆り、『情報屋』が生業と嘯いている。
    彼が訪れた場所では必ず何かが起きる。
    今日も彼のいるスタジアムで殺人事件が起こり――。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 中学生 高校生 一般

商品のおすすめ

「俺は、人間を観察する為に最低限の技術と知識さえあればいいさ」折原臨也という男は、名探偵というわけじゃない。寧ろ、その全く逆の存在だ。あいつは自分の目の前で起こった事を、躊躇い無く受け入れる。目と鼻の先で実の家族が撃ち殺されようが、臨也はその殺人犯に対して笑顔で語りかける。―『今、どんな気分だい?』ってな。だから、折原臨也は倫理的に褒められるような行動はしないし、論理的な推理もしない。目の前で起こった事を淡々と受け入れて、さも『全部自分の予想通りだ』って面をする。折原臨也は名探偵じゃない。どこまでも強気なピエロで、関わった奴をみんな沼に引きずり込む疫病神だ―。

ページの先頭へ

閉じる

  • 折原臨也と、喝采を
  • 折原臨也と、喝采を

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中