ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • そのときラジオは何を伝えたか 熊本地震とコミュニティFM

  • そのときラジオは何を伝えたか 熊本地震とコミュニティFM

そのときラジオは何を伝えたか 熊本地震とコミュニティFM

  • 米村秀司/著 米村 秀司
    1949年生まれ。1971年3月、同志社大学卒。1971年4月、KTS鹿児島テレビ放送入社。報道部長、編成業務局長、企画開発局長などを経て現在、鹿児島シティエフエム代表取締役社長。1999年10月、ザビエル上陸顕彰会のメンバーとして鹿児島市のザビエル公園にザビエル、ヤジロウ、ベルナルドの3体の像を建立(現存)。カトリック鹿児島司教区と連携し、現存する「ザビエルの右腕(イタリア国重要文化財)」をローマから鹿児島に招聘。1999年4月、ザビエルのブロンズ像“KTS開発(現KCR)制作”を有志とバチカン市国へ贈呈

  • ページ数
    183p
  • ISBN
    978-4-904380-56-7
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,860 (税込:2,009

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 被災者へ情報は届いたか?コミュニティFMは「災害時の有効メディア」になり得るか?被災者に「今、伝えるべき情報」を放送しているか?スタッフの数、取材力、機材の整備など「災害時の放送体制」は万全か?そして「災害報道訓練」が行われているか?コミュニティFMが災害時に克服しなければならない課題を探る。コミュニティFM研究第3弾。
目次
第1章(ラジオを聴きながら泣いた
その日 ほか)
第2章(臨時災害放送局の仕組み
中越地震「FMゆきぐに」の取り組み ほか)
第3章(伝えるべき情報の限界
隣県・鹿児島シティエフエムも臨戦態勢へ ほか)
第4章(終わりのない地震
被災地を歩く ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • そのときラジオは何を伝えたか 熊本地震とコミュニティFM
  • そのときラジオは何を伝えたか 熊本地震とコミュニティFM

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中