ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 編み込み動物バッグ 棒針で編み、刺しゅうをほどこす動物柄のかばんとマフラー

  • 編み込み動物バッグ 棒針で編み、刺しゅうをほどこす動物柄のかばんとマフラー

編み込み動物バッグ 棒針で編み、刺しゅうをほどこす動物柄のかばんとマフラー

  • 東海えりか/著 東海 えりか
    ニット作家。女子美術短期大学造形科衣服デザイン教室卒業。2002年webサイトにて「knit E」としてニットバッグの制作を開始。2008年より個展・企画展にて作品を発表。2013年「ニットの家バッグ」(高橋書店)出版。現在は作品制作、デザイン考案、ワークショップなどを行っている

  • ページ数
    111p
  • ISBN
    978-4-416-71601-4
  • 発売日
    2016年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 編み込みと刺しゅうで描く、リアルでやさしいニットの動物たち。ニット界で話題の“編み込み動物バッグ”の作り方を25作品収録。
目次
キツネ
ウサギ
オカメインコ
ハリネズミ
子ペンギン
柴犬
ネコ
三毛猫
リス
パンダ〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

みんなが大好きな動物を、日常使いのかばんに編み込みました。
犬や猫、鳥などの身近な動物からおおかみやライオンなどの大型動物まで、
20種類以上の生き物の姿を編み込みで表現しています。

かばんの形はトートバッグがメイン。
持ち手の長さや本体の大きさを変えるなど、用途に合わせて使えるよう
同じトートバッグでも大きさや形にさまざまなバリエーションを持たせました。
ポシェットやマフラーなどの変化形も少しだけ収録しています。

本体はメリヤス編みで編み込みます。
編み終わった後、刺しゅうが入る作品には、毛糸で刺しゅうをほどこします。
前後をあわせ、かぎ針で編んだ持ち手、布で作った中袋をつけて完成。
大きな作品は少し時間がかかり、
編み込みで使う糸が増えるとその分大変さも増えますが、
完成するととても素敵な動物たちに出合えます。

編み込み部分以外の作り方はどのバッグもほとんど同じ。
バッグ作りの基本として、「きつねバッグ」の作り方を全工程の写真入りで掲載しましたので、
手順がわからなくなってしまったら
このつくり方ページに戻って工程を確認することができます。

リアルな動物たちの姿も、ニットで表現することで糸の風合いが加わりやさしい表情に変わります。
今年の冬は動物と共に過ごしてみませんか。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 編み込み動物バッグ 棒針で編み、刺しゅうをほどこす動物柄のかばんとマフラー
  • 編み込み動物バッグ 棒針で編み、刺しゅうをほどこす動物柄のかばんとマフラー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中