ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 月はぼくらの宇宙港

  • 月はぼくらの宇宙港

月はぼくらの宇宙港

  • 佐伯和人/作 佐伯 和人
    1967年、愛媛県生まれ。博士(理学)。東京大学大学院理学系研究科鉱物学教室で博士取得。専門は惑星地質学、鉱物学。ブレイズ・パスカル大学(フランス)、秋田大学を経て、大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻准教授

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-406-06064-6
  • 発売日
    2016年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人類が太陽系へ進出する宇宙港として、注目が高まる月。最新の月科学、人類と月の新しい関わり方を紹介。
目次
序章 月や惑星を探査する意味
第1章 月はどんな天体か
第2章 月の謎への挑戦
第3章 これからの月探査
第4章 月で人が暮らすために(月の資源開発)
終章 宇宙にかかわるしごとをするには

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 小学56年生 中学生
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人類が太陽系へ進出する宇宙港として、注目が高まる月。最新の月科学、人類と月の新しい関わり方を紹介。宇宙開発未来図を広げます。
(「近刊情報」より)

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

著者の佐伯和仁さんが是非に!と、お願いした本書の挿絵を担当された大町俊介さんの絵は、とても内容に合っていていて魅力的なので、読んだ子どもたちの想像する宇宙の世界が広がりそうだなと、思いました。本書は、日本の月探査機「かぐや」のプロジェクトチームの一人である研究員の方が書いています。小学生くらいのお子さんたちにもわかるように各章を短く切り分け、子どもたちでも作ってやれる実験なども紹介してくれていました。わたしは科学的なことや工作が苦手なので、この実験を作ってやってみようとは思いませんでしたが、著者の宇宙や月への熱い思いは感じることが出来ました。一番面白かったのは、最後の「月で人が暮らすために」の章です。今現在の状態で、たった1リットルの水を月まで運ぶのに1億もかかるとは!ビックリです。いつか、人類は月や宇宙で生活できるようになるんでしょうか。興味のあるお子さんはぜひ手に取ってみてください。(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子22歳、女の子17歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 月はぼくらの宇宙港
  • 月はぼくらの宇宙港

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中