ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 後期近代と価値意識の変容 日本人の意識1973-2008

  • 後期近代と価値意識の変容 日本人の意識1973-2008

後期近代と価値意識の変容 日本人の意識1973-2008

  • 太郎丸博/編 太郎丸 博
    1968年福岡生まれ。1991年大阪大学人間科学部卒業。1995年大阪大学人間科学研究科退学。京都光華女子大学助教授、大阪大学准教授などを経て、京都大学文学系(文学研究科)准教授。修士(人間科学)

  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-13-050189-7
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • NHKが長年行なってきた大規模調査、「日本人の意識」調査によるデータを使用した初の二次分析研究。日本人の意識はどのように変わってきたのか?人びとの生活の目標、満足感、性役割意識、労働観、政治参加、ナショナリズム、外国イメージなど、「日本人の意識」調査のなかでも注目すべきトピックについて、精緻な実証分析を展開。後期近代の時代を生きる人びとの意識を探る。
目次
1章 後期近代と日本における価値意識の変容―研究の背景と枠組み
2章 データと分析法―価値意識変容の研究に必要なこと
3章 いかなる時代・世代において日本人の生活目標は変化したのか?
4章 生活満足感に対する加齢効果・コーホート効果・時代効果
5章 性役割意識はなぜ、どのように変化してきたのか
6章 仕事の価値と人々の価値志向
7章 日本人の政治参加―投票外参加のコーホート分析
8章 グローバル時代におけるナショナリズムの変化
9章 外国イメージのコーホート分析―好きな外国へのグローバリゼーションの効果
10章 後期近代の価値意識はどう変化したか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

NHK「日本人の意識」調査のデータ公開により,人びとの意識や価値観の変化について実証的な裏付けのある研究が可能になった.
格差拡大や雇用の流動化が進む現在,近代化論やポストモダン論は日本社会にどこまであてはまるのか.
社会学における巨大な謎に挑む.
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 後期近代と価値意識の変容 日本人の意識1973-2008
  • 後期近代と価値意識の変容 日本人の意識1973-2008

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中