ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日産大森ワークスの時代 いちメカニックが見た20年

  • 日産大森ワークスの時代 いちメカニックが見た20年

日産大森ワークスの時代 いちメカニックが見た20年

  • 藤澤公男/著 藤澤 公男
    1946年神奈川県生まれ。1967年日産自動車入社、モータースポーツ担当の大森分室に配属され、レース用パーツの開発やサービスを担当(この間74~76年は横浜日産小田原営業所に出向)。84年ニスモに出向、87年オーテックジャパン出向。87年末に退社し、有限会社アタックレーシングを設立・代表取締役社長。2003~13年オートメカニック誌に連載寄稿(ペンネーム・轟名人)

  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-87687-347-0
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1960~70年代、国内レース黎明期の主役は、日産であり、その日産のワークスチームとしては「追浜」と「大森」が有名であった。実験車両開発としては、追浜の方が華やかだったが市販車と直結する大森ワークスあってこその活躍ぶりだった。本書では、「ニスモ」の前身となった同陣営の舞台裏エピソードをその誕生時から在籍したメカニックが興味深く解説する。
目次
第1章 ピットイン(国内モータースポーツ黎明期
運命の扉が開くとき
私の少年時代 ほか)
第2章 ピットアウト(日産大森ワークス10人のサムライ誕生
ニッサン・レーシング・スクールあれこれ
岡田板金製、手造りエキマニに感動 ほか)
第3章 チェッカードフラッグ(第1回サービス出向で横浜日産・小田原(営)へ
後楽園球場・天然芝をサニーTSカーで走る
オイルショック・レース休止・R380レストア時代 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日産大森ワークスの時代 いちメカニックが見た20年
  • 日産大森ワークスの時代 いちメカニックが見た20年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中