ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント

  • 「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント

夏文庫キャンペーン対象商品(2017年7月1日~)

  • 水島広子/著 水島 広子
    精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正などを実現。日本における対人関係療法の第一人者。現在は、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表

  • シリーズ名
    光文社知恵の森文庫 tみ4-1
  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-334-78703-5
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「友人が少ない人、つまらない人と思われたくない」「みんな自分のことをブスだと思っているに違いない」「キャラを演じなくては嫌われる」「メールには即返信しなくては」…。現代人はなぜこうも「他人の目」を気にするのか?要因となる“プチ・トラウマ”とその正体、克服法を精神科医が語る。
目次
第1章 なぜ「他人の目」が気になるのだろう?
第2章 「プチ・トラウマ」を癒すヒント
第3章 自信は「つける」ものではない
第4章 「評価される対象」から「感じる主体」へ
第5章 「他人」とはいったい何者?
第6章 3つの「つながり」があなたを変える
第7章 自分のルックスとのつきあい方(ケーススタディ)
第8章 行動を制限する「他人の目」とのつきあい方(ケーススタディ)
第9章 「他人の目」が気になる心を手放して、人生を広げよう

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント
  • 「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中