ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 科学的データでわかる果物の新常識 ガン・心臓病・脳卒中・認知症を寄せつけない知られざる果物の機能性

  • 科学的データでわかる果物の新常識 ガン・心臓病・脳卒中・認知症を寄せつけない知られざる果物の機能性

科学的データでわかる果物の新常識 ガン・心臓病・脳卒中・認知症を寄せつけない知られざる果物の機能性

  • 田中敬一/共著 原田都夫/共著 間苧谷徹/共著 田中 敬一
    昭和24年生まれ。弘前大学大学院農学研究科修士課程修了。農林水産省入省。現つくば生命科学研究所長、国立研究開発法人農研機構フェロー。科学技術長官賞研究功績者表彰、園芸学会賞功績賞、(公益)松島財団園芸振興奨励賞受賞。農学博士(名古屋大学)

    原田 都夫
    昭和27年生まれ。名古屋大学農学部農芸化学科卒業。農林水産省入省。前(公財)中央果実協会需要促進部長。「毎日くだもの200グラム運動」に携わる

    間苧谷 徹
    昭和15年生まれ。東京大学農学部農学科卒業。農林省入省。果樹試験場長。現(公財)園芸振興松島財団業務執行理事・(一社)日本果樹種苗協会顧問。農林水産省職員功績者表彰、園芸学会賞奨励賞を受賞。農学博士(東京大学)

  • ページ数
    183p
  • ISBN
    978-4-416-61601-7
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 果物の健康効果、機能性についてわかりやすく紹介。
目次
第1章 果物の誤解を解く(生命寿命-健康寿命=9~13年とは?
日本人の果物摂取量 ほか)
第2章 生活習慣病と果物(果物と生活習慣病に関する研究
果物は生活習慣病の予防に有効 ほか)
第3章 認知症・その他の病気と果物(果物は認知症の予防に有効
その他の病気・症状の予防改善 ほか)
第4章 健康を維持する果物の食べ方(果物には健康機能成分が多い
健康維持に必要な果物の摂取量 ほか)
第5章 果樹の生産と研究開発(わが国の果樹栽培の現状
果樹の研究組織と主な成果)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

果物を食べると太る、といわれているが、これは誤解である。

実際は、果物を毎日200g以上摂取することで、生活習慣病のリスクをさげることができる。

他もアレルギーや便秘などにも効果が期待できる。

果物の機能性を具体的に紹介することで、化学的に健康効果がわかる本。

家族が生活習慣病で悩んでいる人にぜひ役立ててほしい一冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 科学的データでわかる果物の新常識 ガン・心臓病・脳卒中・認知症を寄せつけない知られざる果物の機能性
  • 科学的データでわかる果物の新常識 ガン・心臓病・脳卒中・認知症を寄せつけない知られざる果物の機能性

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中