ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 走りの追求R32スカイラインGT-Rの開発

  • 走りの追求R32スカイラインGT-Rの開発

走りの追求R32スカイラインGT-Rの開発

  • 伊藤修令/著 伊藤 修令
    1937年広島県生まれ。1959年広島大学工学部機械工学科を卒業し、同年4月にプリンス自動車の前身である富士精密工業に入社。櫻井眞一郎の下でシャシー設計を担当。日産と合併後も歴代スカイラインの設計開発に携わる。1973年日産自動車第3シャシー設計課長。1981年からマーチやプレーリーの主管となる。1985年、櫻井眞一郎の後を受けて、R31スカイラインの主管。続いて8代目R32スカイラインを開発し、走りのスカイラインを復活させると共に、16年ぶりにスカイラインGT‐Rを復活、その生みの親となる。その後オーテック・ジャパンの常務取締役として、1999年まで日産車をベースとした特装車の開発に従事した。現在、岡谷市にある「プリンス&スカイラインミュウジアム」の名誉館長

  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-87687-345-6
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「走りのスカイライン」の復活を目指したR32スカイラインの開発の経緯とともに16年ぶりに復活となった「GT‐R」の誕生までを担当主管自身が語る詳細なドキュメント。本書は、実験担当者の回想記を追加収録した増補新訂版。
目次
第1章 スカイラインに憧れプリンスで学ぶ
第2章 歴代スカイラインの設計と変遷
第3章 スカイラインの主管として
第4章 R32スカイラインの企画
第5章 R32スカイラインの開発
第6章 R32 GT‐Rの開発
第7章 走りの追求とGT‐Rのレース活動

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
版数 増補新訂版

ページの先頭へ

閉じる

  • 走りの追求R32スカイラインGT-Rの開発
  • 走りの追求R32スカイラインGT-Rの開発

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中