ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

  • 転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

  • 臼井二美男/著 臼井 二美男
    1955年群馬県生まれ。1983年から財団法人鉄道弘済会・東京身体障害者福祉センター(現義肢装具サポートセンター)で義足を作りはじめ、作った義足は1000本以上。1989年よりスポーツ義足を製作。1991年に陸上クラブ「ヘルスエンジェルス」を創設。2000年のシドニー大会より、パラリンピックの日本代表選手のメカニックとして同行。スポーツのほかにも、義足をつうじてアートやファッション界とのコラボレーション、大学との共同研究など、活躍の幅を広げている

  • シリーズ名
    ポプラ社ノンフィクション 26 生きかた
  • ページ数
    188p
  • ISBN
    978-4-591-15072-6
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「もう一度走れるようになるなんて思いもしなかった・・!」足を失った人々に希望の灯をともす義肢装具士・臼井二美男のものがたり。
目次
第1章 義肢装具士の仕事(義足のある生活とない生活
おしゃれもスポーツも楽しめる
海水浴も、どうどうと ほか)
第2章 義足とのであい(「一生の仕事」をさがして
高橋先生の義足の思い出
鉄道弘済会をたずねる ほか)
第3章 パラリンピックへの道(新たな才能とであう
サッカー一色の生活から陸上へ
パラリンピック日本代表に ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 小学56年生
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

ポプラ社から出ているノンフィクション・シリーズ26巻です。ノンフィクションですから、実在する人物のお話です。本書の臼井さんは数年前からメディアにも登場することが増えてきていたので、見たことのある人もいるかもしれません。職業は「義肢サポートセンター」の義肢装具士です。天職な仕事とはこういうものなのでしょう。臼井さんは、義足を必要とする人はどういう人か、その人がたちが楽しく前向きに生きていくために義足はどうあるべきなのか、常に必要とする人の笑顔と元気を第一に考えて、新しい義足作りに挑戦していく人でした。義肢装具士としてメインの仕事は、普通の生活用の義足ですが、臼井さんは他にスポーツ競技用、ミニスカートをはきたいという願いをかなえるために作った“リアルコスメチック義足”などを作っています。これらの義足を利用してアスリートしての人生を再スタートする人たちも増えたようです。この本にはその中で、義足を利用している人たちを何人か紹介しています。わたしはその中の一人、「鈴木徹」さんの講演を聞いたことがあります。その時、生でスポーツ用義足も見ました。あれは臼井さんが手がけた義足だったんですね。そう思ったら、臼井さんがなんだか身近に感じられました。1章1章はそう長くはありませんし、この本を読む子どもたちのことを考えてか、言葉は簡潔でわかりやすい内容でした。小学校の高学年くらいから十分読める作品だと思います。(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子21歳、女の子17歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由
  • 転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中