ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 魂を統治する 私的な自己の形成

  • 魂を統治する 私的な自己の形成

魂を統治する 私的な自己の形成

  • ニコラス・ローズ/著 堀内進之介/監訳 神代健彦/監訳 ローズ,ニコラス(Rose,Nikolas)
    1947年生まれ。イギリスの社会学者。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスBIOS研究所所長をへて、現在ロンドン大学キングスカレッジ教授。生物学や心理学、社会学の境界領域において、ミシェル・フーコーの生権力理論の影響のもとに研究。近年では、現代社会における生命科学・生命倫理の問題を社会全体の権力論的構造において研究する議論が注目を集める

    堀内 進之介
    1977年生まれ。青山学院大学大学院非常勤講師ほか。現代位相研究所・首席研究員。専門は、政治社会学・批判的社会理論

    神代 健彦
    1981年生まれ。京都教育大学教育学部専任講師、博士(社会学)。専門は教育学

  • ページ数
    505p
  • ISBN
    978-4-7531-0333-1
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「魂」の自由は、果たして自由か?20世紀の心理学的諸科学に代表される「ヒューマン・テクノロジー」は、戦時下の軍隊と市民、工場や職場の労働者、子どもの発達と家族関係、心理療法の流行を通じ、統治可能な「心=魂」を持つ主体を形成してきた。「心的なもの」の科学がいかに主体形成を促し、その統治に寄与してきたかを暴く、統治と心理をめぐる現代社会の分析。
目次
第1章 戦時下の人々(戦争の心理学
士気の統治 ほか)
第2章 生産的な主体(労働の主体
満足した労働者 ほか)
第3章 子どもと家族とまわりの世界(小さな市民
心理学者のまなざし ほか)
第4章 私たちの自己のマネジメント(自由を義務づけられた人々
行動の再形成 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:GOVERNING THE SOUL 原著第2版の翻訳
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 魂を統治する 私的な自己の形成
  • 魂を統治する 私的な自己の形成

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中