ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「承認」の哲学 他者に認められるとはどういうことか

  • 「承認」の哲学 他者に認められるとはどういうことか

「承認」の哲学 他者に認められるとはどういうことか

  • 藤野寛/著 藤野 寛
    1956年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程学修退学。フランクフルト大学学位取得。現在、國學院大學文学部教授。専門は哲学・倫理学

  • ページ数
    235,10p
  • ISBN
    978-4-7917-6937-7
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近年注目の哲学者ホネットの「承認」論から出発し、ルソー、カント、アドルノなどの哲学界の巨人の議論、さらには村上春樹の小説や現代のSNSなどの事例にいたるまで、多彩な角度から社会的存としての人間の根本に迫る。
目次
第1章 導入―他者に認められること/他者を認めること(ありのままの自分を生きること/人目を気にして生きること
「認める」という行為、あるいは村上春樹の出現について ほか)
第2章 基礎的考察―「社会性」をめぐる考察へ(承認が認識に優先する
「社会性」とはどういう性質か)
第3章 体系―承認の三つの型、そして寛容(愛―承認の三つの型(1)
人権の尊重(差別との闘い)―承認の三つの型(2) ほか)
第4章 思想史的対話―尊重・寛容・承認(ルソー
カントとエルンスト・トゥーゲントハット ほか)
第5章 展開―承認論はどこに向かうか(「承認」の胡散臭さ(両義性)
コミュニケーション(社会的生)とは闘争である ほか)

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「承認」の哲学 他者に認められるとはどういうことか
  • 「承認」の哲学 他者に認められるとはどういうことか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中