ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 方丈記と住まいの文学

  • 方丈記と住まいの文学

方丈記と住まいの文学

  • 島内裕子/著 島内 裕子
    国文学者。専門は、『徒然草』を中心とする批評文学。古典と近代、文学と絵画、文学と音楽、日本と西洋などを響映させる手法で、新たな研究を展開している。放送大学教授。1953年東京に生まれる。1979年東京大学文学部国文学科卒業。1987年東京大学大学院博士課程単位取得退学。1991年放送大学助教授。2009年博士(文学)(東京大学)。同年放送大学教授

  • シリーズ名
    放送大学叢書 033
  • ページ数
    249p
  • ISBN
    978-4-86528-145-3
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 理想の生き方の原点がここにある!鴨長明、兼好から一葉、鴎外、漱石、森茉莉、吉田健一まで、住まいの描写からみる文学の多様性。
目次
草庵・閑居・廃園の文学誌
『方丈記』―草庵記の誕生
『徒然草』―住まいを論評する
風雅な庭園―中世文人の造園趣味
近世前期の住居記―木下長嘯子から芭蕉まで
閑居記のユーモア―横井也有と大田南畝
廃屋と陋巷―樋口一葉と泉鏡花
市隠への憧憬―夏目漱石と森鴎外
近代の散策記―佐藤春夫から野田宇太郎まで
草庵記の継承―森茉莉の世界
住まいと文学のゆくえ―吉田健一の世界

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 方丈記と住まいの文学
  • 方丈記と住まいの文学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中