ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 絵画の冒険 表象文化論講義

  • 絵画の冒険 表象文化論講義

絵画の冒険 表象文化論講義

  • 小林康夫/著 小林 康夫
    1950年東京生まれ。東京大学大学院人文系研究科博士課程修了。パリ第10大学テクスト記号学科博士号取得。現在:青山学院大学総合文化政策学研究科特任教授・東京大学名誉教授。専門:表象文化論・現代哲学

  • シリーズ名
    Liberal Arts
  • ページ数
    323p 図版14p
  • ISBN
    978-4-13-083068-3
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • たった一枚の絵のなかに途方もない“激しさ”が潜んでいる。ジョットからウォーホルまで。テクストを明かりに、人間の魂の“激しさ”にふれ、本質に迫るもうひとつの美術史。
目次
1 ルネッサンス(絵画とは何か?―序論
絵画の誕生―自然を師として ほか)
2 バロックからロマン主義へ(バロックの襞―演劇性と響き
鏡と墓―絵画による絵画論 ほか)
3 モデルニテ(犯罪あるいは無関心―モデルニテの誕生(1)
“衝撃”の美学・“表面”の輝き―モデルニテの誕生(2) ほか)
4 絵画の“爆発”(コンポジションと感情(1)―絵画の悪魔祓い
コンポジションと感情(2)―魂vs.精神、立ちのぼる音楽 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

西欧絵画の歴史を概観し,具体的な作品に目をとめつつ,それがどれほど深く広い人文知に根付いているか,関連テクストをヒントに読み解くことで,
美術史を大きく超えた「表象」の根源的な枠組み=エピステーメの変化を描き出す.
人間存在の鏡としての絵画から世界を見る試み.
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 絵画の冒険 表象文化論講義
  • 絵画の冒険 表象文化論講義

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中