ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本国憲法と共に生きる 「真理と平和」を求めて

  • 日本国憲法と共に生きる 「真理と平和」を求めて

日本国憲法と共に生きる 「真理と平和」を求めて

  • 杉原泰雄/著 杉原 泰雄
    1930年静岡県に生まれる。1961年一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、一橋大学名誉教授、駿河台大学名誉教授

  • ページ数
    217p
  • ISBN
    978-4-326-45108-1
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「少国民」世代や「学徒出陣」世代のような悲惨な経験を、「核」の時代に拡大再現するわけにはいきません―日本国民と人類の、苦渋にみちた近現代の多様な経験を克服しようとする諸原理と規定をそなえた日本国憲法。その基本的価値・理念と、それに反する憲法政治の進行をもういちど確認することにしましょう。
目次
第1章 「少国民」世代の憲法研究者の考えてきたこと―「真理と平和」を求めて(二つの憲法の下で生活する
明治憲法末期の生活状況と公教育 ほか)
第2章 「未完の市民革命」と「東西冷戦・日米安保体制」の下でほんろうされる日本の憲法と憲法政治(日本国憲法の制定―現代における未完の市民革命
「東西冷戦」と「日米安保体制」)
第3章 日本国憲法下の憲法政治(憲法の解釈運用)の動向(反憲法政治の展開―中曽根政権前までの段階
反憲法政治の強化―中曽根政権以降の段階 ほか)
第4章 どう対処するか(その1)―危機の諸要因をふまえた的確な対応を求めて(「立憲主義」の再構築を求めて
二つの「立憲主義」の概念 ほか)
第5章 どう対処するか(その2)―危機の諸要因をふまえた的確な対応を(立憲主義体制とその歩みの特色の再確認を
危機の要因をふまえた的確な対応を求めて ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

少国民教育の中で育ち、終戦を15歳で迎えた著者。
神権天皇主権原理を底にすえた明治憲法とはまったく異なる、国民主権、立憲主義、基本的人権、民主主義、真理、平和などの価値が盛り込まれた新しい日本国憲法に衝撃を受け、その研究に人生を捧げてきました。
日本国憲法の基本的価値を歴史的に踏まえながら、現憲法のどの価値や理念を守っていくべきかを提言します。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本国憲法と共に生きる 「真理と平和」を求めて
  • 日本国憲法と共に生きる 「真理と平和」を求めて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中