ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 哲学の原点 ソクラテス・プラトン・アリストテレスの知恵の愛求としての哲学

  • 哲学の原点 ソクラテス・プラトン・アリストテレスの知恵の愛求としての哲学

哲学の原点 ソクラテス・プラトン・アリストテレスの知恵の愛求としての哲学

  • 天野正幸/著 天野 正幸
    ギリシャ哲学。東京大学名誉教授。1947年兵庫県西宮市生まれ。1975年東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程中途退学。山形大学人文学部講師。1981年同大学助教授。1985年東北大学文学部助教授。1989年東京大学文学部助教授。1993年同大学教授。1999年放送大学客員教授。2012年東京大学名誉教授

  • シリーズ名
    放送大学叢書 032
  • ページ数
    395p
  • ISBN
    978-4-86528-149-1
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 哲学史2400余年の本来の出発点。思索の筋道が蘇る!ギリシャ哲学研究者必携。
目次
第1部 ソクラテス(ソクラテスの「知恵」―『ソクラテスの弁明』
ソクラテスのエレンコス―プラトン初期対話篇)
第2部 プラトン(プラトンは超越的イデア論者か
仮説的イデア論1『パイドーン』
仮説的イデア論2『国家』
イデア論の再検討―『パルメニデス』
「エピステーメー」概念の再検討1―『テアイテートス』
「エピステーメー」概念の再検討2―『テアイテートス』
分割法―『ソフィステース』『ポリーティコス』
イデアのコイノーニアー―『ソフィステース』)
第3部 アリストテレス(アリストテレスにとっての「哲学」―『形而上学』
「ト・オン・レゲタイ・ポラコース」―『形而上学』
本質をめぐる議論1『形而上学』
本質をめぐる議論2―『形而上学』
論証理論―『分析論後書』)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 哲学の原点 ソクラテス・プラトン・アリストテレスの知恵の愛求としての哲学
  • 哲学の原点 ソクラテス・プラトン・アリストテレスの知恵の愛求としての哲学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中